住宅ローンの返済が出来なくなったら任意売却しよう

メンズ

不動産会社が提供しているサービス

不動産会社では不動産の仲介を行うのが主な業務です。売買や賃貸着の橋渡し役となるのが不動産会社の役割であり、川口市や三郷、湘南や滋賀などの全国各地のどこでも対応している会社もあれば、地域を限定して活動している業者もあります。この他にも賃貸経営をする人には賃貸管理サービスやその斡旋についても行っているのが一般的です。

インテリア

住宅ローンの返済に困ったら任意売却がおすすめ!

不動産の購入の際には住宅ローンを利用するのが一般的ですが、何らかの理由により返済ができなくなって一定期間が経つと抵当に入っている不動産が競売にかけられてしまいます。その前に任意売却をしたいと不動産会社に相談するのが得策であり、競売にかけられるよりも高い価格で売ることができて大損をしなくて済むのが一般的です。

女の人

任意売却の流れをチェック!

任意売却をするときには不動産会社に連絡sをして任意売却をしたい事情を説明することから始めます。担当者との面談を行った後、任意売却をする不動産の査定を行ってもらい、住宅ローンを借りている金融機関に不動産会社に交渉してもらうのが一般的です。そして、販売活動を行ってもらって買い手が見つかったら売却手続きをするという流れで行われます。

競売と任意売却の違い

競売は裁判所による強制執行

住宅ローンの返済ができなくなったときに行われる競売は裁判所による強制執行です。販売価格は市場価格の7割程度になってしまうのが一般的になっています。

任意売却は仲介による売買

任意売却は金融機関の合意に基いて行う仲介による売却です。買い手にも債務があることを同意してもらった上で売りますが、価格は一般的な市場価格に近くなります。

任意売却ならそのまま居住を続けることも可能!

住宅ローンを払えなくてもどうしても住宅を守りたいと考えるときもあります。任意売却では買い手との交渉次第で引き渡し後も住まわせてもらえる可能性があり、その交渉も不動産会社に任せることが可能です。

住宅ローンが払えなくなった理由ランキング

男女
no.1

資金計画が十分ではなかった

住宅ローンを借りる時点での資金計画が不十分だったために住宅ローンを返せなくなるのはよくあります。生活が困窮してしまったのが返済できなくなる原因です。

no.2

病気や怪我で大きな出費が発生した

想定していなかった大きな出費により払えなくなるのもよくあるパターンです。病気や怪我で継続的に大きな出費ができてしまって返せなくなっています。

no.3

収入が途絶えてしまった

突然リストラに遭ったり、勤務先の企業が倒産してしまったりすると収入が途絶えます。これが原因で住宅ローンが返せなくなることも稀ではありません。

広告募集中